幅広い過去事例を知る

家主から立ち退きを要求されると、「立ち退き料の相場を知りたい」「できれば立ち退き料で損をしたくない」という方が多いはずです。

 

しかしながら、立ち退き料に相場はありません。

物件や立ち退き事由によってケースバイケースだからです。

 

だからこそ知っていただきたいのが幅広い過去事例です。

 

過去事例というのは立ち退き料を巡った裁判結果や、当事者同士の話し合いで決まった金額、あるいは弁護士などの専門家が介入して決まった金額などです。

 

「私はこの家に住み続けたい。だから立ち退き料1億円支払え」と言ってもあまりに過去事例とかけ離れているため認められない可能性が限りなく高いのです。

 

知っておきたいポイントは以下のとおりです。

 

・なぜ立ち退きが必要なのか

立ち退きに至った理由です。

賃借人(家主)はなぜ物件を明け渡してほしいかということですね。

例えば、家主が住んでいる自宅が手狭になったので、貸している物件に住む必要が出てきた場合。これは家主の個人的事由が大きくなります。

一方で、建物が老朽化したため、借主への安全性が著しく低下する場合。これは家主の個人的事由は少なく、必要性の大きい事由と言えます。

 

・物件の利用状況

そもそもその物件を利用しているかどうかです。

住居の場合、毎日生活をしていて当然ですが、事務所や店舗として契約したものの倉庫や物置としてしか利用されていないケースではそもそもあまり利用していないことになります。

その物件の必要性の高さで立ち退き料が変わってくることがあります。

 

インターネット上では数多くの過去事例が紹介されていますので、それらをぜひ参考にしてみてください。

あるいは専門家へ相談することは、ご自身のケースの場合どの程度の立ち退き料が妥当かを知る近道となります。