迷惑料、慰謝料、心づけとは?

立ち退きを要求され、立ち退き料を提示されたもののその金額が妥当かどうかお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

 

立ち退き料は法的な支払い義務もなく、金額も法律で定められているわけではないので、あくまで家主と借主との間で合意した時点で金額が決定します。

言い換えてみれば、家主と借主との間で0円で決着すれば立ち退き料なしで成立しますし、法外な金額で決着することもありえます。

 

ただし、多くの場合は一定の考え方のもとに立ち退き料が算出され、2者間で合意し立ち退きが成立しています。

 

一定の考え方というのは、実際に引っ越しや転居にかかる費用として引っ越し代や新たな物件の初期費用、そして迷惑料や慰謝料などです。

 

この中で妥当かどうかもっとも悩む項目が迷惑料や慰謝料です。

あるいは、慰謝料や迷惑料が0円であることを不満に思っていらっしゃる方もおられるかもしれません。

 

迷惑料や慰謝料は、立ち退き料そのものの支払い義務がないことから、家主が必ず支払うものではありません。

また、家主側からの要求で立ち退き要求がなされることも、賃貸借契約に記載されていることが多いため、決して迷惑料や慰謝料が要求されるような行為でもありません。

 

ただし、立ち退き事由がとても重要となります。

「家主が明日からこの物件に住みたくなったから引っ越してほしい」

「家主がこの場所で店舗事業をすることになったから別の物件で営業してほしい」

といった家主側の事由が大きければ、迷惑料や慰謝料にあたる金額が支払われるケースが多いようです。

 

立ち退きを要求されると、迷惑料や慰謝料などの費用を要求する人がいますが、希望される金額が認められるかどうかは家主により異なります。

また、話し合いに折り合いがつかず裁判によって決着を迎える場合は、過去の事例に基づき決定されることを頭に置いておきましょう。